--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.10.11

Mayu -ココロの星-

昨日バイト帰りに前から観たかった『Mayu ココロの星』を観てきた。

先に観た皆さんが言ってた通り色んな立場(本人・家族・友人・恋人)から観れた。
家族ってこんな気持ちだったんだなとか色々考えさせられるところもあった。
でもやっぱり私は大部分マユさんに自分を重ねちゃって色々思い出し、
最初から感情移入してウルウルしまくり
共感するところとかいっぱいあってみんな一緒なんだな。。。と改めて思った。
見終わった後に私も頑張らなきゃなと思える映画だった。

エンドロールで流れるドリカムの『何度でも』も映画の内容と合っていて
映画をさらに力強いものにしていた気がしてよかった。

乳がんの発見から手術、治療まで丁寧に描かれていたから
この病気のことを少しでも正しく理解して検診を受ける人が増えればいいな。



スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://daisyroom.blog70.fc2.com/tb.php/119-442da4a4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
見たのね~!よかったんだぁ。
私も見たらきっと、感情移入をすぐしちゃうから、ポロポロになると思う~。(笑)
最後には頑張ろうと思えて元気をもらってきて、見ることが出来て本当によかったねぇ。
Posted by Keiko at 2007.10.12 11:05 | 編集
daisyさんも観たんだね!
私も2回みたよ!(梅田でもみたの^^)
最初の予告の『象の背中』ですでにウルウルくるよね!!
私も三浦友和が父と同じことを言ってたところで
2回みても涙だったよ。。。
家族も大変だったんだろうなぁ。って改めて思いました。
最後はがんばろうって思えてよかったね♪

Posted by ひよころ at 2007.10.12 12:32 | 編集
*Keikoさん
もう感情移入しまくりでボロボロでした・・・
マユさんのお母さんも卵巣がん患者で末期だったんだけど
病気を感じさせない強さと自然さを持っていて
それもステキだなと思いました。
闘病モノって最後は悲しい結末が多いけど
これは今も元気で前向きに生きてるっていうのがよかったです。

*ひよころさん
そうそう!"象の背中"の役所広司の辛そうな姿見て
私もウルウルきたよ~。
ひよころさん2回も観たんだ!
抗がん剤治療中の辛そうなところもリアルだし
なんてったってびっくりしたのは
薬で髪が抜けた状態をかなりリアルに表現したところ。
かなり忠実だなって思ったよ。
Posted by daisy at 2007.10.12 21:56 | 編集
daisyさんも観に行ったんだぁ♪
ひよころさんと同じく・・私も2回観たよ~ww

私たちのように乳癌経験者ももちろんだけど、いろんな世代の人たちにも観てほしい映画だよね。
理解と検診のためにも・・^^
『何度でも』の歌詞、いいわ~♪
映画みて、曲聞いて・・なんか凄く納得して・・
最後は自分もパワーがでるって感じの作品だよね^^
Posted by hisae at 2007.10.14 19:28 | 編集
こんにちは。daisyさん、見て来たんだね。
私、映画を見るとその主人公になっちゃうのよね。
見終わった後、「頑張らなきゃ」と思える映画はいいよね。

映画館まで2時間半もかかるから、
観るのはDVDが出てからかな。
地元の会館とかでもやってほしい!
みんなに見てほしい映画だよね。
Posted by ふうママ at 2007.10.15 16:13 | 編集
*hisaeさん
おぉ!hisaeさんも2回観たのね!
私も色々な世代の方に観てもらいたいと思った。
しこりの発見から治療まで丁寧に描かれているし
この病気を知らない人にも分かりやすいしね。
これで若い人でも検診受ける人が増えたらいいな。
エンドロールで曲と一緒に歌詞も出てたから
一緒に口ずさみながら最後まで味わってきました。
何度聞いてもいい歌詞だわ(^^)

*ふうママさん
DVDになったら是非観てみてくださいね。
家での方が思う存分感情移入できちゃうので
かえっていいかも!?ですよ(^^)
私ボロボロ涙出てズルズルいってたから
もしかして周りの人引いてたかも!?
上映している映画館も少ないみたいなので
ふうママさんがおっしゃるように公民館などで上映して
もっと広く観てもらえるようになったらいいのになと思います。。。
Posted by daisy at 2007.10.15 21:19 | 編集
わたしねぇ、見てないの。
割引券まで頂いちゃったのに、捨てちゃった。
こんじょ無しなの!
怖くて、見られない。
乳癌って、再建も含めてこの頃、TVで、よくやるじゃん?
一切、見られない。
なので、見た人の記事を見て、ふむふむって、疑似体験してるのよ~。
ワインでいえば、飲み頃?その辺まで、自分の体験を寝かせてから、昔話になってから、見たいな~。
Posted by ちこちこ at 2007.10.22 14:57 | 編集
*ちこちこさん
怖くて見れないという気持ち分かります。
辛そうな場面とか見たら、私もゆくゆくはそうなるのかもとか
いらないこといっぱい考えて落ち込む方です。。。
でもこの映画は主人公のマユさんが今でも元気に過ごしていることが
分かっていたので安心して見れました。
でもところどころ自分とかぶって涙涙でしたが。
自分の気持ちが落ち着いて、昔話になってから
「うんうん、私もそういうときもあった」なんて思いながら
見ることができたら一番いいですね!
Posted by daisy at 2007.10.23 16:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。