--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.05.31

右胸シリコン入替え

一昨日は右胸のシリコン入替え手術だった。
今回は麻酔の効きが悪かったのか、
3度ほど痛みを感じて都度麻酔を追加してもらった。
その他はスムーズに進んで前回と同様1時間ほどで終了した。
夕食後痛みが出てきたのでロキソニンを飲むとましになった。

翌日朝にクリニックへ行ってドレーンを抜いてもらった。
大きなガーゼを取って傷部分を覆う大きなバンソコウに貼り変えてもらい
右胸をじっくりと見れるようになった。
とても自然な膨らみでキレイに出来上がっていて嬉しい。
左と同じ220ccのシリコンを入れたけど、
脂肪が残っていたためその分右のが少し大きい。
手術直後で腫れもあって差が目立つのかもしれないけど、まぁきれいにできたのでよし
でも右がきれいな分、左胸の形がいびつ(?)で気になってしまう・・・
これは全摘と皮下乳腺全摘の違いでしょうがないのかな。

診察後家に帰ってきたら熱っぽくなってきて体がだるくなってきた。
熱が上がってきたなと思って測ると37.2℃。
だるいので寝てると更に38℃まで熱が出てしまいロキソニンを飲んだ。
前回同様やっぱり熱が出た。
38℃は久々で結構だるくてしんどかった。
今日はだいぶ下がったけどまだ微熱がある。
2日ほどで熱が引くと先生が言ってたし、今日一日ゆっくりしてたら熱も治まるだろう。

次は火曜日に抜糸してもらい、土曜日に傷を見てもらう予定。
左のニュウリン、ニュウトウのことなどまだ残っているけど
とりあえずはやれやれといったかんじ。
ニュウリン、ニュウトウはまだもうちょっと落ち着いてからにしようかな。




スポンサーサイト
Posted at 12:18 | 再建 | COM(0) |
2009.05.13

エコー検査

今日は乳腺のエコー検査。
ハーセプチンを止めたので左の胸骨傍リンパ節の腫れが大きくならないか気になるので
2月の診察時に3ヵ月後にエコーの検査をしてもらうようにお願いしていた。

呼ばれて検査室に行くと技師さんではなくて手術の時に執刀してくれた先生がいて
その先生がエコーをしてくれ、技師さんは先生の横で一緒に画像を見てくれていた。
左の胸骨傍リンパ節の腫れが大きくなってませんようにと思いながら
横目でモニターを見てると、先生が「あれ?ないよ」と。
前回の画像を見直してくれて位置も確認して、もう一度見てくれたけどやっぱりないそう!
消えてるみたいだよ、と!!
ちょっぴりホント~?と思ったけど(疑い深いんデス)
まぁ見つからないってことはあったとしても大きくなってないってことだろうなのかなと思い
ホッとした。
少し気になってた鎖骨の下あたりにも何もないことが分かって本当に嬉しかった

検査室を出ると主治医が来ていてすぐに結果を再度説明してくれた。
胸骨傍リンパ節は消えてるみたいなので前回のは炎症で腫れてたのかもとのこと。
2年前から炎症で腫れてたの~?とは思ったけど、まぁよかった。
次回は3ヵ月後に診察ということだったけど、こちらの都合で10月末の全身検査まで
診察は延ばしてもらうことにした。(無治療だしね)
何か気になることがあったらいつでも来てねと言ってくれたし、
5ヵ月後までは病気のこと忘れて気楽に穏やかに過ごしたい。


Posted at 22:11 | 左乳がん |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。